スポンサーサイト

 >>足もみやHALHALホームページはここをクリック!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑さ対策に保冷剤活用なんてどう?

 >>足もみやHALHALホームページはここをクリック!

いやもう、暑いですねえ。
6月から30度超えって、まったくもう、やってられませんっ!
あまりの暑さに夜はクーラーつけてしまいました。だって寝られないんですもん!
節電も大事だけど、明日の仕事も大事。
こんなんで、今年の夏の電力は間に合うのでしょうか・・・。かなり疑問。

さて、あんまり急に暑くなったのでパニックを起こして、ここ数日暑い暑い言いまっていたのですが。
昨日、整体研究会に参加して、はっと、身体のプロであるはずの私がこれではいかん、と気づき、反省しました。
が、暑いのって昔からとっても苦手。どうしたら・・・。

なんて思っていたら、今朝、父がいつも座っている椅子の近くに妙なものを発見。
梅酒をつけるビンの中に・・・保冷剤が・・・たくさん入ってる???
ああ、扇風機の前に・・・。
つまり、これは、扇風機の風を保冷剤で冷やそうと・・・ああ!
ひらめきました。
そうか、保冷剤ね・・・。

ケーキとか保冷の必要な食品を買うと、小さな保冷剤がついてきますよね。
捨てるのももったいないので、冷凍庫に大量に入ってます。
そっか、これを使えばいいんだと。
で、小さな保冷剤をタオルにつつんで首にまいてみました。
これはいい。

でも、ひとつ気をつけてくださいね。
首の後ろは冷やしてはいけません。
なので、首の前、鎖骨の辺りに保冷剤がいくようにしてみました。
涼しいです。

あとひとつ、冷やすのによいポイントが。
それはわきの下。
わきの下にタオルにつつんだ保冷剤をはさんでみます。
おお!これはいい。
汗がひいていきます~。

2階に上がったら、我が家の老猫(今年19歳になりました!)ぽん太が暑さでぐったりしてました。
いつも日中寝てる敷き布の下に小さな保冷剤をはさんでみました。
ぽん太のび~っと気持ちよさそうです。
老猫で心臓病、腎不全もあるぽん太。あまり冷やしすぎるのも心配です。
でも、これなら一部分だけだからよいかも!

もうひとつ、父のやっていたことをヒントに、試してみようと思っていることがあります。
ペットボトルに水入れて凍らして、窓際においてみる。
けっこう涼しそうだとおもいませんか?
さっそく2本、ペットボトルを凍らせ中です。

あ、ちなみにですが。
整体的には、リンパの流れをよくすると、汗が出やすくなって涼しくなるようです。
でも・・・。実は試してみたのですが、あんまり涼しくなりませんでしたw。
あと、胸郭をひろげると息が楽になって少し涼しいみたいですね。
こちらはちょっと効果があるかな。

しかししかし、直接冷やすのにはかないません。
でも首の後ろを直接冷やすのは厳禁ですよ~。
一時的に涼しくなった気がしても、それをずっとしてると、首ががちがちになって秋口に体調崩します。
なので、私のお客さんには、絶対首の後ろだけは冷やさないでね~とお願いしています。

それと、冷たいものを飲むと確かに冷えるのですが、冷えるのは主におなか・・・内臓です。
これも、続けると秋口から体調崩れますので、ほどほどに。
昨年の猛暑でシャーベット状に凍らした飲み物をがぶがぶ飲んで体調崩して、春から通ってきているお客さんがいらっしゃいますよ。
一度がちがちに内臓冷やしちゃうと温めるのがなかなかたいへんです。
おなかさわってみて、冷たいようなら、冷やしすぎですから、夏でも温かい飲み物を飲んでくださいね。
いくら暑くても、おなかは冷やしちゃだめですよ。
スポンサーサイト

テーマ : 健康
ジャンル : 心と身体

tag : 中国足心道 野口整体 猛暑 冷え 節電 暑さ

震災後の営業について

 >>足もみやHALHALホームページはここをクリック!

3月11日の大震災後初めての更新です。
栃木県も被災地なのですが、ここ小山市は被害が少なく、半日ほどの停電と一部の家屋、店舗で多少の損壊があったくらいですんだようです。
東北方面の被災者の皆様方の現在も続くご苦労を思うと、胸が痛みます。
そして、栃木県内の他の地域では、まだ避難生活を余儀なくされている方々がいらっしゃるようです。
一日も早い復旧が望まれますね。

震災後、家やライフラインに被害はなかったものの、しばらくは、お客様のご家族が被災していたり、県内のガソリンスタンドがほとんど閉まっていて足がなかったりで、開店休業状態でした。
しかし、それも4月には落ちついてきて、現在は完全に通常営業に戻っています。

予約カレンダーの入力さぼってます。(スミマセン)
予約はだいたい1週間前には埋まっていて、当日の予約はとれないことが多いです。
最近、月曜日、火曜日は下野市方面に出張に行っていることが多く、水曜日の午後は毎週決まってご予約いただくお客様がいらして小山市内に出張しています。
木曜日、金曜日は夕方から東京に出張しています。
必然的に初めてのお客様は土曜日、日曜日か平日の午前中に予約を入れていただくことが多いのですが、最近この枠も埋まりつつあり、予約が少々とりずらくなっています。
嬉しい悲鳴なのですが、お客様にはたいへん申し訳ない事態になっています。
そんなこんなで月曜定休も怪しくなってますので、後ほどホームページのほう、手直ししようと思います。
定休日どうしようかと、悩み中です・・・。

今年のはじめから、足もみにプラスして整体オプションを追加してみたのですが、足もみは痛いけどw、整体は気持ちいい~、と、かなり好評です。
代謝がよくなることによって、身体がほっそりする=痩せると特に女性から大絶賛。(笑)
体重はそんなに減らないのですが、見た目がかなり変わります。
よかったら一度お試しください・・・あーでも、ごめんなさい。予約が入れずらいかもしれないんでした・・・orz

今日は東京出張なのですが、出かけるまでに少し時間があるので、コラムを書いてから出かけようと思います。
テーマは暑さ対策、かな。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : 中国足心道 野口整体

春なので・・・頭痛とアレルギーと

 >>足もみやHALHALホームページはここをクリック!

春一番の大風が吹いたかと思うと、暖かくなってめっきり春めいて来ました。
それと同時にあちこちから悲鳴が聞こえてきました。
頭痛が・・・アレルギーが・・・。春ですねえ。
春は、整体的な視点からみると、身体のゆるむ季節です。
冬の寒さで緊張してかたくなっていた身体のあちこちがゆるんで排泄がはじまります。

そこで頭痛ですが。
この時期頭が痛いと嘆いている方はほぼ全員が普段から片頭痛もちの方々です。
普段から緊張しきっている頭が冬の間にますますかたくなり、それが今の時期になって急激にゆるんできて頭痛をひきおこしているのだと思います。
その場合対処法としては、2通りあります。
もう一度頭を引き締めるか、さらにもっとゆるめるか。
前者はまあ冗談なのですが、冗談ではすまないのが、ここで頭痛薬の多用などしてしまうと、一時的にはおさまっても、さらに頭が緊張することによって、結果的に頭痛は酷くなっていきます。
なので対処法としては、ゆるめる方法を強くおすすめします。

まず、首の後ろから後頭部にかけて絶対に冷やさないこと。むしろ積極的にあたためること。蒸しタオルなどを使うとよいでしょう。
頭が痛くなると、首や頭を冷やそうとする方がたまに?いるのですが、逆効果です。これも頭痛薬と同じで一時的には頭痛がおさまるような気がしますが、後でもっと酷い頭痛がきます。
そして、頭や顔のマッサージをしてみましょう。
耳をひっぱるのも効果的ですし、造顔マッサージをご存知の方はしてみるのもよいでしょう。目の疲れから頭痛がきている方は目の疲れをとるマッサージを。頭皮マッサージもとてもよいです。
とにかく、徹底的に首から上をほぐしましょう。
そうすると、酷い頭痛持ちの方の中には気分の悪くなってしまう方がいると思います。
気持ち悪くなったら、いっそのこと吐いてしまいましょう。
そして、その後はゆっくり寝る。ひたすら寝る。
軽い頭痛ならこれでおさまると思います。酷い頭痛の場合は何度か繰り返すことになります。
そうこうしているうちに頭がゆるんでしまえば自然に頭痛はおさまるはずです。

さて、次に。
春は身体がゆるむ季節なのですが、身体の代謝が悪く固まりすぎていると、うまくゆるむことができません。
そうすると、身体のあちこちで排泄がつかえて反応が起こります。花粉症などのアレルギーはそのため起こると整体では考えられています。
対処はやはり身体をゆるめることと、身体の排泄を促すことです。
具体的には、水分をたくさんとる(生水)、汗をかく、身体を動かす。
冬の間に縮こまっていた身体をうーーんと、のばしてみましょう。
熱いお風呂に入って汗をいっぱいかきましょう。半身浴、足湯もいいです。
おしっこのつかえがあるときは、身体の側面がかたくなっていることがあります。
身体をねじる運動をしてみましょう。

せっかくの春の陽気。気持ちよくすごせるとよいですねー。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

tag : 中国足心道 野口整体 頭痛 アレルギー 花粉症

夏こそ冷えに要注意!

 >>足もみやHALHALホームページはここをクリック!

夏ですね!暑いですね!
こんな時期は冷えたビールが一番!クーラーの効いた部屋できゅーっと一杯!
そんなあなた、ちょっと待ってください!あなたのからだ冷えきってはいませんか?

足が冷たくて夜眠れないという年配のお客様が時々来店されます。
そういう方はだいたい冬の一番寒い時期にいらっしゃるので、それから足もみの施術を一週間に一度定期的に続けていくと、効果がはっきり出てくる1ヶ月~2ヶ月先には、春になり暖かくなってくる。
そのころお客様に、最近足の冷えはどうですか?とお聞きすると、暖かくなってきたからだいぶいいよ、とおっしゃる。
ほんとうは気温のせいではなく足もみの効果が出てきたからだと、継続してお客様の足をみている私にはわかっているのですが、お客様の言葉を尊重して、ああ、そうですね、と返します。

そうこうするうち、夏になり暑くなってきます。
暑いので足の冷えはなさそうですが、なぜかこの時期、足が硬くなってくるお客様が多い。
内臓の反射区なども硬いので、どうやら、からだ全体が冷えているのでは?と判断できます。でも、ご本人には冷えているという感覚はないのです。
なぜだか身体の調子が悪い、だるい。
おしっこの出がなんとなく悪い、足をさわると冷たいなどと気づく方もいらっしゃいますが、ほとんどの方はよくわからない。
暑さのせいと思っています。

そこで、からだが冷えてますね、と施術をしながら、お客様に伝えるわけですが、たいがいの方は首をひねってこう言うわけです。
暑いのになんで冷えてるの?!と。
さて、なぜでしょう。それは現代社会がからだを冷やすのに便利になりすぎてしまったからです。

 暑いから汗をかく。その状態で冷房の効いた部屋に入る
  ↓
 汗が急激に冷えて体温を奪う。からだが冷える

 暑いから薄着をする。その状態で冷房の効いた部屋で作業する
  ↓
 肌の露出部分から徐々に体温が奪われ、からだが冷えていく

 暑いから、氷を入れた冷たい飲み物を飲む。たいがいは冷房の効いた部屋で
  ↓
 内臓が冷える。つまりはからだが内側から冷える

そのほか、寝るときに冷房をつけっぱなしで寝たり、熱いお風呂につからずにシャワーだけですませたり、冷えたビールを寝る前に飲んだり。
みなさんも、心当たりのひとつやふたつやみっつ、あるでしょう。

冬場は気をつけて、靴下を何枚も重ねてはいたり、暖かい飲み物を飲んだり、お風呂にゆっくりつかったりしてからだを暖めていた人も、夏場はどうしても気がゆるみます。
なんといっても、暑いですから!
そうして、夏の間に冷えきったからだで秋になり、冬に入ると、本格的に冷えを実感して、足が冷たくて眠れない日々になるのでしょう。
足もみの施術をしたあと足が暖かくなると夏場でも、あれ?実は冷えていたのかな?と、お客様は気づきます。
そこで気づいてもらえれば、それ以降はからだが冷えないようにちょっとは気をつけてくれます。
汗をかいたらこまめに拭く、冷房の効いている部屋では長袖を羽織る、冷たすぎる飲み物は飲まない、など。

夏にからだを冷やさないための簡単な方法のひとつとしておすすめがあります。
それは、首にタオルをまいておくこと。
タオルが汗を吸ってくれて、一番冷えやすい首の後ろが冷えすぎない効果があります。
ちょっと田舎のおじさんぽいのがたまにきずです。
冷えで悩む人が一人でも減るように、タオルまきファッション、流行ってくれないかなと思う、今日この頃です。


このコラムは足もみやHALHAL渋谷出張所のアリスカウフェを運営しているアリスカンパニーから発行されるメルマガでも読むことができます。
アリスカンパニーのメルマガ登録はこちらから。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

猫に整体

 >>足もみやHALHALホームページはここをクリック!

最近は動物の世界でもマッサージが流行っているようです。
本も何冊も出ていますし、講習会なども開催されていて、飼い主さんの中には、愛犬、愛猫に本を片手にマッサージをしてあげている、という人も少なからずいるのではないでしょうか?
今回は、人間の健康についてではなくて、ペットの健康、動物の整体についてのお話です。

「マッサージ台のセイウチ」という本があります。副題が「グリエルモ先生の動物揉みほぐし診療記」といいます。
馬、イルカ、セイウチから、果てはサメまで揉みほぐしてしまった世界でも珍しい動物マッサージ療法士さんの診療記録が書かれています。
この本を紹介してくれたのは、友人の整体師ですが、彼女は、近所の野良猫や愛猫に整体を施すのを趣味にしています。
うそかほんとか、彼女が近所を散歩していると、野良猫たちがよってきて、揉んで~と身体を摺り寄せてくるんだとか。

さて、我が家には現在18歳になる老ねこがいるのですが、この子は先天的に腰の骨が一本足りません。
ねこにはよくある奇形らしいのですが、そのせいか、昔からなよんとしたおかしな座り方をするねこでありました。
件の整体師が我が家に遊びに、というか人間の整体をしにきたときのこと。
この子の尻尾が動いていない!という指摘を受けました。
たしかによくみると、尻尾がぴんとのびたまま、触っても動きません。
尻尾の体温も低いようで、このままでは壊死してしまうかもしれないといわれました。

この子の尻尾がいつからそうなっていたのかわかりませんが、後日、動物病院でレントゲンを撮ってもらったところ、腰骨が足りないせいで、骨が変形し、神経を圧迫している様子がはっきりと写っていました。
動物病院の先生には、これは治らないので、悪化させないように気をつけるしかありませんといわれました。
悪化させないように、といわれたところで、特にできることがあるわけではありません。
件の整体師から、簡単に背中から腰の整体と、尻尾のマッサージの仕方を教わったので、気が向いたときに、教わった方法プラスアルファで愛猫に整体を施しはじめました。
紹介された本も買って読みました。

そして、ある日のこと。
愛猫の尻尾が動いていました。触ってみると少し温かいような気がします。
こうなると俄然おもしろくなってきて、さらに様々な場所に整体を施していきました。
この子は元々心臓も悪く、身体全体が硬い感じで、ねこにしては柔軟性がない子でした。
私は幸い足もみやですので、触って硬い感じのところを、足もみと同じ要領で日々ほぐしていきました。
いつしか、ねこの身体全体がふにゃふにゃになっていき、心なしか呼吸も深くなり、ちょっと細くて筋肉が落ちていた足ががっちりし、そして、尻尾はふつうのねこと同じようにくねくねと動くようになっていました。
ちなみに動物病院で再度レントゲンを撮ってもらったところ、神経が圧迫されずにきれいに通っていることが確認できました。

猫も犬も年をとると身体が硬くなって節々が痛くなるのは人間と変わらないようです。
どうも最近うちの猫が、犬が、年をとってきたなあと感じたら、マッサージよりももう少し強めの「整体」をしてあげるといいかもしれません。
ちなみに我が家のねこはすっかり整体が病みつきになってしまい、ちょっと身体が硬くなってくると、朝から揉んでくれ~とうるさいのです。
私はすっかり我が家のねこ専属整体師です。


このコラムは足もみやHALHAL渋谷出張所のアリスカウフェを運営しているアリスカンパニーから発行されるメルマガでも読むことができます。
アリスカンパニーのメルマガ登録はこちらから。

テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

プロフィール

はるあき

Author:はるあき
 
中国足心道療術師協会
認定番号775号
お店のホームページは↓こちらです
足もみやHALHAL

6月生まれのふたご座
AB型ペガサス火星人(^^)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。