スポンサーサイト

 >>足もみやHALHALホームページはここをクリック!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の闘病-がんセンターへの転院

 >>足もみやHALHALホームページはここをクリック!

スキルス性胃がんに対する治療はまったくされないまま母の入院からすでに1ヶ月半が過ぎ、8月も終わりに近づいていました。

東京のがんセンターのセカンドオピニオンには母も一緒に連れて行ったため、患者も一緒なら診察をとのことであらためて受診をし、地元のがんセンターとほぼ同様の説明を受けました。
このころの母の状態はかなりよく、がんセンターの医師からはまだ末期ではなく、余命2ヶ月ということはないと思うと言われました。

私は母の入院先の病院に通って足もみを続けていました。
尿はかなりたくさん出ていて、腎不全もよくなっているのでは?と思いましたが、透析治療は継続されていました。

東京のがんセンターの診断結果で母も決意を新たにし、セカンドオピニオン翌日から地元のがんセンターで抗がん剤治療がはじまりました。
その翌日最初の病院を退院。透析治療は継続されました。

ところが、このわずか数日後のことです。
静岡から母のお見舞いに来ていた母の妹が母の透析に同行したおり、さすがに何かおかしいと思って、医師に今の母の状態を問いただしたところ、クレアチニンの値は1.29mg/dlまで下がっていると言われ、急遽透析が終了しました。
これには、家族全員あきれはてましたが、それでも病院では利尿剤(ラシックス錠を朝、昼1回5錠ずつ)を継続して服用するように処方され、母はそれを飲み続けました。
尿は多量に出ていたのですが。

その後、市内の病院から尿の量をはかるため、1日の尿をためるよう言われ病院にもって行きました。1日の尿の量は1900mlあったのですが、引き続き利尿剤を服用するように言われ、まじめな母は利尿剤を飲み続けました。
ひどい吐き気、のどが渇き、食べものは少量しか食べられず、水もあまり飲めない状態が続きました。
嘔吐は抗がん剤の副作用かと思っていましたが、それにしてもおかしいと思っていました。

透析終了から1週間後、夜に水状の下痢と嘔吐があり、体重も減少。
父はその翌朝、母をがんセンターに連れて行きました。
たまたま病室に空きがあり、母はまたもや緊急入院。電解質(カリウム、ナトリウムなど)の点滴を多量に投与されたところ吐き気はなくなり、食事も普通にとれるようになりました。
クレアチニン値は正常になり、がんセンターの医師の判断で利尿剤その他の薬もすべて中止。
その後1週間ほど入院しましたが、母はすっかり元気になって、がんセンターの食事を美味しい美味しいと毎食完食していました。

結局のところ、ここまで母の体調が悪かったのは、がんのせいでも、腎不全のせいでもなく、病院から処方された利尿剤により強制的に水分を身体から搾りとられた挙句の電解質の不足によるものだったのです。

それにしても、今考えても市内の病院のこの対応はひどいものです。
後日いろんな方に意見を聞きましたが、ラシックス錠を朝、昼1回5錠ずつというのは普通に考えても多すぎると言われました。
病院の言うことをすべてそのまま真に受ける怖さというのもこのとき思い知りました。
それに対して、このときのがんセンターの対応には感謝してもしつくせないものがあります。
このときの主治医はあくまでも市内の病院の先生でしたし、断られてもしかたない状態での入院でしたので。

もちろん、母ががんセンターに入院している間も私の足もみは継続していました。
足もみの勉強も仕事と母のお見舞いの合間を縫ってゆっくりと続けていました。
そして、この後クレアチニン値はあがることもなく、ただ、母の腕には透析のためのシャントのみが残されたのでした。
大学病院から宣告された余命2ヶ月をこえ、最初の入院からちょうど2ヶ月たった、9月のはじめのことです。

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

はるあき

Author:はるあき
 
中国足心道療術師協会
認定番号775号
お店のホームページは↓こちらです
足もみやHALHAL

6月生まれのふたご座
AB型ペガサス火星人(^^)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。